インコのびのび

風来坊

最近、写真整理に追われています。
この半年で撮ったビスコの写真は約550枚…(笑)
それがスマホに無造作に保存されていて、たまにバックアップのためにGoogle Driveにアップしたり、
SDカードに移していたりしていたものの、いい加減整理しないと…という状態に。

そのほかにも風景写真や旅行の写真など、
膨大なファイルを放置していたため、いつまでやっても終わらない〜(;´Д`)
ふだんからちゃんとしてないから大変になるのよねぇ…。

それでもビスコの写真に関してはやっとなんとか整理できました。
動画のほうはまだ手をつけられてません。
作業はこれからも続きます。


さてさて。
今日は、前からとっても楽しみにしていた写真集が届きました!



インコの撮影を専門とする(?)写真家、岡本勇太さんが出版した、
野生のオカメインコ写真集です。

これほんと〜に楽しみでした。
だって、遠いオーストラリアの地にいる野生のオカメを見ることができるなんて。
ビスコをいかにワイルドに仕立て上げようか、日々模索している私にとっては
ぜひとも読みたい一冊でした。

感想。
やっぱりオカメは野生でも可愛かったです。
羽繕いしたり、スサァ〜してる写真などがあって、
過酷な大地でもオカメは穏やかでおっとりした性質なんだなぁ〜というのがよくわかりました。
内容的にも見応えがあって満足でした。
でも、読んでたら今度は動いてるところも見たくなりました…(笑)

この写真、撮るのすごく大変だったんじゃないかなと思います。
きっとものすごい時間と労力をかけて、やっとできた1冊なんじゃないかと。
オカメの暮らしてる場所、人間が長居するのに適した環境とは思えないですしね。
そこにずっと張り込んで撮影するなんて、ほんとにすごい。





↑《インコのびのび》、ご興味ある方はぜひ!



さぁ、写真整理の続きをやらねば………。







スポンサーサイト
Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply